健康診断と言っても、色々な種類があります。
今回は、色々な種類の中から「定期健康診断」「特殊健康診断」「特定健康検査」「生活習慣予防検診」の4つについて簡単に説明したいと思います。

中でも最もオーソドックスな内容となっているのが「定期健康診断」です。
一般に「健康診断」と言えばこのことを指すことが多く、身長や体重、各種器官の健康状態などをチェックすることになります。
個人が受ける際の料金は1万円前後と言われています。特定の箇所に特化した診断ではなく、全体を網羅する診断なので、問題がある箇所が判明した場合は精密検査を受ける形になってきます。

次に、「特殊健康診断」。
これは有機溶剤検診や特定化学物質健康診断などのことを指します。特定の物質を吸ってしまった恐れがある際など、通常の定期健康診断ではチェックできない要素を診断していきます。

そして「特定健康診査」は40歳から74歳を対象とした健康診断です。40歳を超えると様々な病気のリスクが上昇します。そのため、一層細かい診断を行う仕組みになっています。

最後に取り上げたいのが、協会けんぽが実施している「生活習慣病予防検診」。
これは35歳から74歳を対象としている健康診断です。
血液検査が充実しているのが特徴であり、生活習慣病などの兆候をチェックすることができます。

いずれの健康診断においても診断してそれで終わりではなく、必要に応じて対処や生活習慣の改善を行うことが重要となっています。