自分の健康を維持するためには、セルフチェックが大事です。
そこで紹介したいのが、自宅で簡単に行えるセルフチェック。心拍数のチェックや血圧計・体温計を使った方法があります。
例えば、正常な心拍数は成人の場合で1分間に60~80、血圧正常値は上が135未満、下が85未満と言われています。このようなチェックは日頃から行っておくと、医療機関で受診する際に便利です。

しかし、素人が自分でセルフチェックを行うことは難しい場合もあるでしょう。そういった時に使ってみてほしいのが、セルフチェックシートです。このセルフチェックシートは、ネット上で簡単に行うことができます。

では、セルフチェックシートで分かる病気には一体どんな病気があるのでしょうか?
その事例として、女性の場合は乳がん・子宮がんなどがあり、男性の場合は前立せんガンのセルフチェック項目があります。その他にも、うつ病診断・脳の病気・眼の病気・肺の病気などチェックできる項目は多岐にわたります。
いずれの場合も簡単な項目を選択するだけでリスク値を把握することができるため、気になった場合はチェックしてみましょう。

ただし、病気の項目によっては具体的な数値が必要な場合もあります。
このような場合は、予め健康診断もしくはメディカルチェックを受診した後に調べると良いでしょう。

また、セルフチェックを行った後に病気の可能性が高いと分かった場合は、セルフチェックの項目を持参のうえ医療機関で受診する事をおすすめします。